そもそも組込制御システムって?

組込制御システム

そもそも組込制御システムって?

はじめに…

C言語メインのプログラマが組込制御システムを勉強しつつ、
備忘録的に残していこうと思います。
今回は、そもそも組込制御システムってどういったものかについてです。

組込制御システムって?

組込制御システム、組込みシステムって何かですが、
「特定の要素に特化、限定された機器を制御するシステム」だと思っています。
テレビやデジタルカメラ、電子レンジなど身近なものに使われています。

組込制御システム

組込制御システムの形態

ハードウェアの構成は汎用のもの、独自のもの、両方を組み合わせたものがあり、
ソフトウェアも同様に汎用のもの、独自のもの、両方を組み合わせたものがある。
ハードウェアとソフトウェアは別々に設計することもあるが、
ハードウェアとソフトウェアそれぞれの機能を考慮して設計することもあります。

ソフトウェアの開発に使用される言語

組込制御システムのソフトウェア開発において、メインで使用されているものはC言語で
メモリ容量など制限が厳しい時はアセンブリ言語が使用されます。
最近ではC++やJavaを使用して開発するようなこともあるようです。

汎用システムとの比較

組込制御システムは、多岐多様にわたるので数量、種類が圧倒的に多い。
機器によっては大量生産されるので、コストの兼ね合いから必要最低限のメモリやCPUが使用される。
専用のハードウェアに専用のソフトウェアが搭載されて製品となるものが多いので、
そのテスト工程はハードウェア・ソフトウェアの両方にまたがる検証が重要になる。

ハードウェア

組込制御システムの多くでは専用のハードウェアが使用されています。
大量生産される組み込みシステムでは、ほぼすべての場合で専用のハードウェアが使用されています。
組込制御システムは、特定の目的で用いられる専用システムです。
従って目的以外の機能を排除し最適化した方が、回路規模やコストを抑えられると考えられます。

次回は…

次回はシステム開発の流れを調べていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA